相続税は、非常に専門性が問われる分野ですので、個人で手続きをして申告するのはほぼ不可能と考えたほうがいいでしょう。申告は必ず税理士に依頼するべきなのです。ただ、その税理士への相談にも、少なからずデメリットが存在します。

例えば、いくら名の通った税理士であっても、その事務所のトップに立ち、他の税理士をマネジメントする立場になれば、求められる能力は変わってきます。つまり、雇っている税理士の個々の能力を見ぬき、その特性を活かせるのかどうかが問われてくるのです。税理士としては有能であっても、マネジメント能力が優れているとは限りません。そういう意味で、税理士の能力を充分に引き出せていない税理士事務所も多いのです。

また、事務所の雰囲気も重要です。人間関係に問題がありそうな事務所や税理士であれば、いつ辞めてしまうかもしれません。途中で仕事を放棄ということも考えられるのです。他の税理士に引き継いでもらうことにはなりますが、面倒が増えるだけでしょう。他にも、個人の税理士であれば、その税理士に何かトラブルがあった際、その業務を引き継ぐ人がいませんし、その税理士では賄い切れない問題は、他の税理士に依頼することもできず、諦めるしかないのです。税理士への相談の際にはこのようなデメリットもあるのです。