親などから、資産を相続した場合、相続税が発生します。この相続税を申告する際、税理士に相談することになりますが、実は税理士であれば誰でもいいというわけではありません。では、どのような税理士に相続の相談をすればいいのでしょう。

まず、税理士と言っても、それぞれに得意分野があります。相続を相談するのであれば相続が得意な税理士にお願いする必要があるのです。その相続税を得意とする税理士の見極め方ですが、ほとんどの場合、ネットで調べることになります。その際、ポイントとなるのが、『申告実績』です。相続税の申告を年間にどの程度行っているのかは、相談する際の大きな基準となります。年間100件以上の申告がなされているかどうかが基準です。

次に、税理士報酬です。こちらもサイトで確認できますので必ずチェックしてください。税理士報酬について説明のない場合は、法外な報酬を取られる恐れもあります。報酬についてしっかりと明示されている事務所を選びましょう。また、相続税の総額についても、はっきりとした金額を提示してくれることも、大きなポイントとなります。とにかく、相続専門であること、そして金額がはっきりと分かること、この2つが税理士選びで注意するべき点なのです。